BTS

BTSはなぜアンパンマンを歌うの?著作権は?海外の反応・韓国の反応も!

韓国だけでなく、日本、世界で圧倒的な人気を誇るBTS。

そんな彼らのアルバムでアメリカのビルボード200チャートで1位を獲得した「LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear」には日本では誰もが知っているあのキャラクターをタイトルにした楽曲アンパンマンがあります。

日本ではお馴染みのキャラクターであるアンパンマンをタイトルにしているだけあって、あのアンパンマンと関係あるのか気になりますよね?

世界で人気のBTSがなぜアンパンマンという楽曲を歌うのでしょうか。

なぜアンパンマンが人気なの?
韓国、日本、海外の反応はどうなの?
著作権は大丈夫なの?

この記事では、BTSの人気曲であるアンパンマンについての「なぜ」を韓国、日本、海外の反応を含めてまとめました!

BTSはなぜアンパンマンを歌うの?

なぜBTSの楽曲にアンパンマンがあるのか?

BTSのアンパンマンの題材は日本でお馴染みのキャラクターであるアンパンマンなのか?

BTSの楽曲アンパンマンは当初は惑星に付けられた名前を意味しているとファンの間で予想されていました。

ですが、リリースされたアンパンマンの歌詞には以下のようなフレーズがあります。

「あげられるのはこのアンパンだけ」
「ずっと配り続けて 俺のアンパン」

この歌詞だけでも、惑星ではなく、日本のアンパンマンがイメージできますね。

歌詞だけでなく、振り付けの中にもアンパンマンが飛ぶような振り付けや、アンパンマンが顔をちぎって分けてあげるような振り付けがあります。

歌詞、ダンスの両方で日本のアンパンマンの要素が入っているので、日本のアンパンマンが題材になっている事がわかります。

アンパンマンの作者であるやなせたかしさんは「アンパンマンは超能力を持たず、世界一弱いヒーロー」と呼んでいるそうです。

アンパンマンの楽曲にはこういった歌詞もあります(意訳)。

・僕には力こぶや筋肉はない。
・バットマンみたいなスーパーカーもない。
・あげることができるのはアンパンとお疲れ様という言葉だけ
・君の力になるよ
・僕が持っているのはこの歌だけ

アンパンマンはバットマンやスーパーマンのような超能力はもっていません。
でも必要となれば、あんぱんで作られている自身の顔をお腹が空いた人に与え、元気にします。

BTSも自分たち自身をアンパンマンになぞらえています。
特別な能力はないけど、歌やパフォーマンスで人を元気にするという部分で自分たちとアンパンマンを重ねているのでしょうね。
BTSのアンパンマンという楽曲にはBTSからのファンたちへ向けたメッセージでもある楽曲であると聴いていて感じる部分も多くあります。

BTSアンパンマン著作権は?

韓国でもアンパンマンは大人気です。

アンパンマンは韓国ではホッパンメンと言われています。

ホッパンとは韓国語で肉まんやあんまんを総称する言葉だそうです。

アンパン自体はそのままアンパンと言うそうです。

アンパンマンカフェができるほどに人気があるそうです。

BTSのアンパンマンでは著作権関連の問題は今のところ起きていません。

事務所が「アンパンマン」をタイトルにする事について許可をとっているのか。

「アンパンマン」というキャラクター名だけであれば著作権関連は問題ないのか。

はたまたタイトルである「アンパンマン」の正確な表記は「Anpanman」と英語表記であるため問題がないのか。

著作権についてはアンパンマンのキャラクターを無許可で使用した場合には著作権侵害にあたるそうです。
ただ、キャラクター名であるアンパンマンをタイトルに使用することは著作権侵害には当たらないそうです。

公に発表はされていませんが、あらかじめ事務所が許可を取っているということも考えられますね。

BTSアンパンマンの海外の反応・韓国の反応

日本のキャラクターであるアンパンマンを題材にした楽曲であるアンパンマン。

自国の韓国、日本、海外での反応はどうなのでしょうか。

特に半日の方もいる韓国ではどういった反応があるのでしょうか。

韓国、日本、海外の反応をそれぞれまとめました!

韓国の反応は?

・韓国人である私の好みにも合ってる
・日本の歌だと思った
・歌がいい

日本の歌だと思った韓国の方もいるようですが、半日の方もいる韓国でもBTSの楽曲アンパンマンは高く評価されているようですね。

やはりそれだけBTSが自体に人気があるということもわかりますね。

それでは日本の反応はどうなのでしょうか。

ツイッターでBTSのアンパンマンについて調べてみました。

 

アンパンマンというタイトルへの驚き、純粋に楽曲がいいといった感想が見られます。

やはり、日本でも人気なBTSが日本のキャラクターであるアンパンマンというタイトルの楽曲を歌ってくれるだけで、日本のファンたちにとっては嬉しいことなのだと思います。

海外でも日本のキャラクターであるアンパンマンは人気があります。

そんなアンパンマンと同じタイトルが付けられた楽曲は海外のファンたちにも高い評価を受けているようです。

アンパンマンの海外での表記は「Anpanman」なので、BTSの楽曲は世界にも目を向けたものとなっていることがわかりますね。

Stray Kidsを見たい方は!

『ABEMA』がオススメ!

『ABEMAプレミアム』では無料期間が14日あり、その間に解約すれば無料視聴可能です!

登録・解約も簡単♪

ABEMAで無料視聴する

250×250

ABEMAでおすすめなのStray Kidsが出演している番組はコチラ!

  • KINGDOM : LEGENDARY WAR

ABEMA独占配信となり、すでにデビューしてるアイドル同士が競うサバイバル番組として話題になりました!

かっこいいStray KidsをぜひABEMAでご覧ください♪