aespa

aespa(エスパ)ダンス上手い順!メインダンサーは誰?難易度についても!

aespa(エスパ)のダンスの上手い順が知りたくありませんか?

aespa(エスパ)はデビューしてから約2年で新人でありながらも、特徴的なダンスで話題になっています。

その人気は、SNSにaespa(エスパ)のダンスを真似した動画が流行るほどです。

aespa(エスパ)は、韓国人2人、中国人1人、日本人1人と多国籍なグループ。

ダンスの踊り方にも差はあるのか、気になるところですよね。

ここからは、aespa(エスパ)の魅力の1つである、ダンスの以下の点について調査しました。

  • ダンスの上手い順
  • メインダンサー
  • ダンスの難易度

 

aespa(エスパ)ダンス上手い順!

【aespa(エスパ)ダンス上手い順】

1位 カリナ

2位 ウィンター

3位 ニンニン

4位 ジゼル

やはりaespa(エスパ)カリナは、1番デビューメンバー候補として名前が挙がっていただけあって上位は納得ですね!

それでは1人ずつ詳しく見ていきましょう!

 

aespa(エスパ)ダンス上手い順!1位カリナ

【ポジション】メインダンサー、リードラッパー、サブボーカル、リーダー

【練習生期間】4~5年

【身長】168㎝

aespa(エスパ)カリナは面倒見のよい優しいリーダーで、グループの中でメインダンサーを務めています。

aespa(エスパ)カリナがダンスの上手い順で上位にくるのは、リーダーとして責任をもって練習に励んでいるからでしょう。

aespa(エスパ)ダンス上手い順!2位ウィンター

【ポジション】リードダンサー、リードボーカル

【練習生期間】3年

【身長】164㎝

aespa(エスパ)ウィンターは、スカウトでSMエンターテインメントに入所しました。

スカウトで入所した、aespa(エスパ)ウィンターですが、現在ではリードダンサーを務めているところからダンスの才能があったのだと感じますね!

 

aespa(エスパ)ダンス上手い順!3位ニンニン

【ポジション】メインボーカル

【練習生期間】4~5年

【身長】161㎝

aespa(エスパ)ニンニンは、練習生期間が4~5年と長いです。

ニンニンはaespa(エスパ)の中で最年少。

最年少だからといって手を抜かないaespa(エスパ)ニンニンは、これからももっとダンスのスキルが上がること間違いなしですね!

aespa(エスパ)ダンス上手い順!4位ジゼル

【ポジション】メインラッパー、サブボーカル

【練習生期間】11ヶ月

【身長】166㎝

ジゼルはaespa(エスパ)の中で1番練習生期間が短く、他のメンバーに比べると少し劣っているように見られがちなんだとか。

踊り慣れていないことが原因だと考えられます。

これからaespa(エスパ)として活動する中で、どのようにレベルアップするのか楽しみです!

aespa(エスパ)のメインダンサーは誰?

aespa(エスパ)のメインダンサーはカリナです。

aespa(エスパ)のビジュアル担当でもあるカリナは、手足が長くスラっとしているのが特徴ですね!

aespa(エスパ)カリナはオールラウンダー

aespa(エスパ)カリナは、パフォーマンスにおいてオールラウンダーです!

メインダンサー、リードラッパー、サブボーカル、リーダー全てをこなしています。

aespa(エスパ)カリナはインスタグラムのダイレクトメッセージでスカウトを受けました。

ビジュアルからのスカウトで4~5年の練習生期間を経て、全てのポジションを担当しているのは並大抵の努力では難しいでしょう。

カリナはaespa(エスパ)のリーダーでもあります。

リーダーとしての責任感が、カリナのパフォーマンスの源になっているのかもしれません。

SNSでは、「aespa(エスパ)カリナ様のダンス素晴らしすぎる」「マジ全てにおいてカンペキ!」といったaespa(エスパ)カリナのダンスを称賛する声が挙がっています。

しかし一方で、aespa(エスパ)カリナのダンスについて、「動きが固すぎる」「なんでメインダンサーなのか分からない」といった厳しい意見も。

aespa(エスパ)は、デビューしたばかりの新人なので、これからの成長に期待ですね!

aespa(エスパ)カリナが考案した振り付けって?ミスから誕生?

aespa(エスパ)が2021年5月にリリースした、「Next Level」の曲の出だしでカリナが長い髪をはらうシーン。

このaespa(エスパ)カリナが長い髪をはらうシーンは、元々の振り付けにはなっていなかったそうです。

たまたまaespa(エスパ)カリナがはらったのを、モニターで確認したところ「いいね~!」となって採用されたのだとか。

それ以降aespa(エスパ)が「Next Level」のパフォーマンスをするときは、髪を結ばなくなったとカリナが発言していました。

aespa(エスパ)ダンスの難易度は?

aespa(エスパ)のダンスの難易度は中級ではないでしょうか。

理由としては、aespa(エスパ)は特徴的な振り付けが多いですが、SNSなどで「踊ってみた」動画が多く投稿されているからです。

それほど真似しやすくて、親しみやすい振り付けなのかもしれません。

 

その中でもaespa(エスパ)の難易度が高い曲は、「Next Level」だと思われます。

曲の構成も難しく、振り付けも細かい印象を受けます。

ただ振り付けを踊っているのではなく、細かい振り付けを細部まで揃えているところがとても素晴らしいですね。

ダンスを踊るときに、からだの角度が揃っているのはプロとして差が出るポイント。

角度が揃うかでグループのダンスに実力がどれだけあるかが分かります。

曲中の腕をカタカナの「コ」に曲げる角度は、指先までしっかりと揃えられていてaespa(エスパ)のプロ意識が見受けられますね!

aespa(エスパ)のダンスを見ていると、ダンスの難易度よりか、細部へのこだわりを感じます。

aespa(エスパ)はそれほど難易度は高くありませんが、1つ1つの動きに対して確実にきれいに見えるように工夫されていることが分かりました。

aespa(エスパ)のダンスはこれからも進化していくと思いますが、aespa(エスパ)の細部までのこだわりは継続してくれることを願っています♪