オーディション・番組

ユウマ(&AUDITION)経歴!a-X’s(アクロス/エイベックス)で実力は?本名と出身も調査!

HYBE JAPAN主催の&AUDUTIONーThe Howllingーがはじまり、みんなの推しが大活躍していますね。

全員が顔やスタイルだけでなく、歌やダンスもかっこよくて番組を何度も見ちゃいます。

デビュー確定の4人以外の練習生も、今までの経歴もすごいです。
全員、実力もあり&AUDUTIONの見ごたえもバツグン!!ですよね。

今回は練習生のユウマ(&AUDUTION)の経歴やプロフィールを調査しました♪

ユウマ(&AUDITION)経歴!【エンオーディション】

YUMAは12歳のころ、エイベックスのユニット『Vivid Rookies』に所属していました。

さすがにユウマのVivid Rookies時代のTwitterは残っていませんでしたがメンバーのものが残ってました。

活動は2015.7.26からだったようですね。

2017年、ユウマはほかのグループに加入しているのでそれまでには解散したみたいです。

大阪のあべのQ’sモールや三井アウトレットパーク大阪鶴見でのステージ動画が残っていました。

おだんご3つついているヘアスタイルの少年がユウマです。

この動画の最後に自己紹介をしているのですが、ユウマはすごく気遣いができる子でビックリしました。

&AUDUTIONでの自己紹介動画では自分のことを「恥ずかしがり屋」と発言していたのですが、ハキハキとしていてかなり良い印象があります♪

ユウマ(&AUDITION)a-X’s(アクロス/エイベックス)で実力は?【エンオーディション】

a-X’s(アクロス)は2016年4月発売のJUNON6月号に男女混合ユニット結成を発表しました。

その時、ユウマはまだa-X’sメンバーではありませんでした。

この期には『機界戦隊ゼンカイジャー』のゾックス・ゴールドツイカー役の増子敦軌貴さん、虹プロファイナリストの池松里梨愛さんがメンバーとして参加しています。

活動はAAAの全国ツアー物販会場にて路上ライブをしたりABEMA TVでライブをしていました。

結成して1年後の2017年4月発売のJUNON6月号で「BOYS & GIRLS Dance Vocal Audition 2016」のファイナリスト9名を加えた計17名で活動を始めることを発表。

その9名の中にユウマも入っていて、同期にはINIの尾崎匠海くんもいますよ♪

ユウマはa-X’sのAチームに所属し、2017年6月17日からのAAA全国ツアー「AAA ARENA TOUR 2017 -WAY OF GLORY-」に同行し物販エリアで路上ライブを開催しています。

a-X’s時代のユウマです。めちゃめちゃダンス上手じゃないですか??

体幹がしっかりしているというか・・・。

さすがお姉さんの影響でジャズダンスからはじめて、この時にはもうダンス歴も3~5年。

そしてお顔がめちゃめちゃかわいいですよね♪

ハートを作ったり、場を盛り上げたり。

このころはまだ13とか14歳。世間では難しい思春期ですよ!

全然恥ずかしがり屋ではないですよね?!w

2017年8月26日、a-nationでa-X’sはオープニングアクトも務めています。

イエローとブルー、ホワイトの柄がある半袖シャツを着ているのがユウマです。

この動画の3’00のところを見てください。

なんとオープニングのセンターはユウマなんですよ!!

実力がないとできないセンター。ユウマはa-X’s時代からすごい実力だったようですね。

残念ながら2018年2月にa-X’s全員17名の卒業が発表され、2018年3月31日に解散となりました。

ユウマ(&AUDITION)プロフィール!本名・出身は?【エンオーディション】

本名 悠真
出身 日本 兵庫県
生年月日 2004年2月7日(18歳/2022年7月現在)
血液型 A型

&AUDUTIONではYUMAですが、Vivid Rookiesやa-X’sにて悠真、そして出身も兵庫県と発表されています。

a-X’sではまだ中学生でまだまだかわいい感じでしたが、&AUDUTIONでは18歳のちょっと大人な雰囲気のYUMA。

きりっとした塩顔イケメンですよね。

&AUDUTION第3話のミッションではSHINeeテミンのソロ曲「さよならひとり」を披露しています。

ユウマのダンスはちゃんと軸がしっかりしていますよね。

体幹もすごいので最後の回転も人より多く回ってませんか??

そして歌もめちゃめちゃ上手でびっくりしました。

今回、フランスの方からツイートされていてユウマもグローバルで人気があると思いました。

次のミッションではSEVENTEENの「oh My!」です。

「さよならひとり」はしっとりとした曲でしたが、

次の「oh My!」は爽やかな、ほどよくチャラい(←ほめてます)曲です。

ユウマが今度はどのように仕上げてくるか楽しみですね!!